一人暮らし引越し費用

一人暮らしの引越し費用の相場と値引き方法

学生さんでも、社会人でも、一人暮らしをしている人は多いかと思います。もっと今より条件がいいところが見つかったからそちらに引っ越したいけど、引っ越しって大変だし、お金もかかるし……。

 

なんて、諦めてしまった人も中にはいるかもしれません。引っ越しについてよく分からないという人も大丈夫。今回は、一人暮らしの引っ越し費用について、5つご紹介します。

 

1.オフシーズンを狙え

引っ越しではある程度基本料金が決まっています。荷物を積むためのトラック代、荷物を搬出・搬入するための作業員の人件費、移動に必要なガソリン代や高速代です。これら基本料金を元に、業者が価格を決定する流れになります。

 

3月、4月など引っ越しハイシーズンなら価格は上乗せされ、オフシーズンで平日なら費用は安くなります。一人暮らしだと荷物が少なくなりますよね。そうすると、小さいトラック、少人数の作業員での引っ越しが可能なため、費用はぐっと抑えられます。

 

2.単身パックがおすすめ

一人暮らしの引っ越しには単身パックがおすすめです。単身パックとは、専用のボックスに入るだけの荷物を輸送してもらうシステムです。通常同様に荷物を搬出・搬入すると、価格が高くなってしまいがち。

 

単身パックの場合、専用ボックスごと他の荷物と一緒に輸送するので、トラックのチャーター代も人件費もかかりません。宅配便のようなイメージをしてもらえばいいかと思います。30キロ前後の移動なら、なんと1万円台〜の引っ越しが可能。それ以外でも3万円前後での引っ越しが可能ですよ。

 

3.荷物は少なく

荷物が多いと専用ボックスに収まらないことも。荷物はとにかく少なくしましょう。引っ越し先でも揃えられるものなどは捨ててください。捨てるのはもったいないと思う人は、リサイクルショップやフリマアプリなどで売るのも手ですよ。

 

4.見積もりは複数から

引っ越し費用を安くしたいなら、必ず複数の業者から見積もりを取ってください。引っ越し費用は価格の幅が大きいものです。見積もり額を比較して、なるべく安い業者に依頼しましょう。

 

5.見積もりサイト

安い代わりにサービスが不十分だったら……と不安になる人もいるかもしれません。総合的な評価を知りたいなら、引っ越し見積もり一括請求サイトがおすすめです。
無料で簡単に見積もりを取れますし、入力も一度だけなので、忙しい引っ越し時期でも安心です。値引き交渉でもお役立ち。他の業者の見積もりの方が安いと、それ以下まで下げてくれることもあります。特典を増やしてくれたり、サービスを手厚くしてくれたりする場合もありますよ。

 

いかがでしたか?一人暮らしでも簡単に引っ越しできます。以上のことを参考に、お得に引っ越しをしちゃいましょう!

 

単身向けプランの安さの秘密【徹底解剖】

単身向けのプランが通常の引っ越しプランよりも安いわけは、専用のボックスを用いるためです。専用のボックスに荷物を入れれば、あとはその他の荷物とともに運ばれて行きます。

 

これはつまり、一般的な引っ越しプランだと自分のためだけにトラックを出し、作業員の手を借りる必要がありますが、このような単身パックを利用すれば引っ越しのためだけに作業員やトラックを用いる必要が無いのです。ですので、3人家族や4人家族と言ったファミリーでの引っ越しには不向きで、単身向けならではのサービスになっているんです。

 

荷物が比較的少ない単身赴任の方や、大きな家具は新居で新しく買いそろえるという予定の学生さんなどに最適なんです。親元を離れて一人暮らしをするという時は必然的に新たに家具を買ったり、家具のついている部屋に住むこともあると思います。

出典:引っ越し格安

 

ですので、単身といえど荷物の量が多くなると言う人には適していません。一人暮らしで荷物が多くなると言う時は、通常の引っ越し見積もりの方が安価に済むかもしれません。引越し値引き術についてのサイトなどをみると有効な値引きテクニックなどを学ぶことができます。

 

 

 

このような単身向けのパック、プランの料金は、専用ボックスの大きさなどによって異なりますし、単身向けのサービスを出している業者は現在で大小問わず様々あります。さらにエリアなどによっても変動するため、一概にどの業者が安いという断言も出来ませんし、はっきりとした値段を提示するのも難しいとされています。

 

その人の荷物の量やエリアなど、見積もりを出してみなければ、おおよその額も出ないということです。電子ピアノなど特殊な荷物がある場合少し考慮が必要のなってきます。

 

参考:電子ピアノ引越し業者見積もり

 

ただし、一般的には週末よりも平日にする方が安価になり、3月4月は繁忙期で価格が高騰すると言われていますので、安価に済ませたい場合は時期に注目してみてください。

 

 

業者を選ぶ際は複数の会社に見積もりを出すのが良いかと思います。最近では無料でいくつかの業者に一括で見積もりが依頼できるサイトもありますので、活用してみてください。およそ3社か5社程度から見積もりをとって、比較するのがおすすめですよ。

自力引っ越しと業者引っ越しの違いは?

安く引っ越しするための手段としてよくあげられるのが「自力引っ越し」です。自分で荷物を詰め、運んでしまうことで、引っ越し業者に渡す分の金額をまるまる浮かしてしまおうという作戦です。
しかしこの自力引っ越し、実は意外と安くないのです。

 

自力引っ越しの注意点や業者による引っ越しとの違いを確認していきましょう。

 

自力引っ越しと業者引っ越しの違い

●移動距離
・自力
旧居から新居までの距離が近ければ可能。車も必要にないぐらい近い距離なら台車でも何とかなります。反対に遠距離の引っ越しは非常に難しいです。
また、新居や旧居にエレベーターがない場合は荷物運びが相当大変になります。

 

・業者
引っ越し距離が近いほど料金は安くなります。遠距離の引っ越しの場合は、トラックの他に車や列車による輸送を取り入れている業者もあります。
エレベーターのない物件で引っ越しをする場合、ある場合と比べて料金が上がることがあります。

 

●建物への傷
・自力
養生をしない、できない場合が多くなるため、建物や家具などへの傷には注意が必要です。特に新築物件の場合は気をつけましょう。

 

・業者
部屋の中だけでなく、エントランスやエレベーター、廊下などの共用部分についても必要に応じて養生を行います。

 

●荷物の輸送手段
・自力
使えそうな車がなければレンタカーを利用することになります。軽トラックのレンタルは8千円程度から可能です。
ただ、普通の乗用車とは勝手が違うため、トラックの運転経験がないのであればやめておいたほうが無難です。

 

・業者
引っ越しスタッフが積み込みを行い、新居まで運んでくれます。

 

●人手の確保
・自力
友人や家族に頼んで手伝ってもらうことになります。重いものが多いため、男手が欲しいところです。

 

・業者
荷物量にあわせた人数のスタッフが手配されています。

 

●梱包資材:ダンボール
・自力
スーパーやドラッグストアから無料で調達することもできますが、薄いものが多く、本などの重いものは入れづらいです。
引っ越しに使えるような厚手のダンボールを買うとなると、1枚250円程度かかります。引越しに必要なダンボール量は、ワンルームで10から15枚、2DKだと40から60枚です。
250円×10枚で2500円、250円×60枚で15000円と意外と大きな出費になります。

 

・業者
ダンボール無料の業者もあれば、有料のみの業者、中古ダンボールのみ無料の業者など様々です。また、引っ越しの規模に応じてもらえる枚数が決まっていることがほとんどです。ダンボールが貰えるかどうか、貰えるとしたら何枚までなのかは事前によく確認するようにしましょう。
引っ越し業者の用意しているダンボールは厚手で、重いものも入れやすいようになっています。

 

●梱包資材:ガムテープ
・自力
荷造りする人数分のクラフトテープを用意しておくと丁度いいです。

 

・業者
ダンボールの数に合わせてガムテープがもらえます。

 

●梱包資材:緩衝材
・自力
新聞紙やチラシなどを利用しましょう。引っ越しが決まったら捨てないようにとっておくようにします。新聞を購読している家であれば量を揃えるのも難しくありませんが、そうでない場合は意外と調達が難しいです。

 

・業者
引っ越し専用の緩衝材が貰えることが多いです。新聞紙やチラシを使うのとは違い、インクなどで包んだものが汚れる心配がありません。

 

●梱包資材:紐
・自力
家具の扉などガムテープを利用しにくいものや、のりが残ると困るものを止めたりまとめたりするのに便利です。不要になったダンボールを処分するのにも必要になります。

 

・業者
家具の扉などはスタッフが処理するため気にする必要はありません。また、不要になったダンボールは後日回収を行っている業者が多いです。

 

 

●梱包資材:布団袋
・自力
布団は嵩張るため、圧縮できるものだと便利です。潰してしまっても干せばまた元通りの厚さになります。

 

・業者
布団袋が無料の業者もあれば、有料の業者もあります。また、使い捨てではないことも多いため、気になる場合は注意しましょう。

 

自力引っ越し、業者引っ越しのメリットとデメリット

●自力引っ越し
・メリット
ともかく安いです。
自力引っ越しよりも安くあげるのはかなり難しいです。

 

・デメリット
一番のデメリットはともかく疲れること。重い荷物を運ぶのは思っているよりも大変です。また、業者に頼むよりも時間がかかるため、スケジュールには余裕が必要です。
家具や建物を傷つけたり汚したりしてしまう可能性も高いです。

 

●業者引っ越し
・メリット
荷物を運んでもらえるので楽ですし、自力よりも早く終わります。空いた時間を他のことに使えるため、無駄がありません。
荷物の輸送だけでなく、エアコンの取り付けなどもオプションで請け負ってくれる所が殆どであるため、引っ越しに必要な作業全般を任せることができます。

 

・デメリット
業者に依頼して引っ越しをするとそれなりの費用がかかります。
また、他人を家に上げたり、荷物を運んだりしてもらうのに抵抗がある人も少なくないでしょう。

 

自力引っ越しは本当に安い?

自力で引っ越しをする場合、資材や輸送手段、人手は自分で集めなければなりません。

 

トラックを借りるのには1万円前後かかりますし、慣れない車を運転するのはリスクが高いです。また、たった一人で引っ越しをするならともかく、手伝いを頼んだ場合はお礼が必要になります。お金を払う必要はなくとも、飲み物や軽食などの差し入れを用意したり、食事をおごったりはするべきでしょう。

 

また、素人が荷物を運ぶことになるため、破損・汚損のリスクは非常に高くなります。プロである引っ越し業者が引っ越しをしても、荷物の破損は起こりますから、素人がやるのならなおさらです。
大事なものを壊してしまったり、買い直す必要に迫られたりするかもしれません。

 

一度引っ越し業者の見積もりを取ってみる

自力引っ越しを検討している場合でも、まずは一度業者から見積もりを取ってみることをおすすめします。
そうして手に入れた見積もりと、自力引越しに必要な費用と時間を比較し、どちらか良いのかをよく考えてみるべきです。

 

確かに自力引っ越しは安く見えるかもしれません。しかし、自分で引っ越しをするのには、かなりの労力と時間がかかります。本当にそれだけの手間をかけるだけの価値が業者に依頼した時との差額にあるかどうか今一度よく考えてみましょう。

大きな家具家電だけを引っ越し業者に運んでもらうことはできる?

ごく近距離の引っ越しの場合、ダンボールなどの小さな荷物は自分で運んでしまうことができます。しかし、大きな家具や家電を自分で運ぶのは難しく、大物だけは業者に頼みたいというケースはよくあります。また、自力引っ越しを考えているが、冷蔵庫や家具を運ぶのに自信がなく躊躇しているという人もいるのではないでしょうか?
実は、大きな家具や家電だけに絞って引っ越し業者に運んでもらうことができます。

 

引っ越し荷物の一部だけを運んでもらうことが可能

自分では運ぶのが難しいような大きな家具や家電だけの輸送を取り扱っている引っ越し業者は多いです。引っ越しだけでなく、友人や知り合いに家具を譲りたいという場合にも利用できます。また、家の中で大きな家具を移動したいというような利用法にも応じている業者も多くあります。

 

家具家電輸送の見積もりには一工夫を

家財の一部だけを引っ越し業者に依頼し、安く引っ越しを済ませようという場合は、見積もりの取り方にも一工夫しましょう。家具だけの輸送の見積もりだけでなく、複数パターンの見積もりを取るのがおすすめです。

 

・パターン1:大型家具家電のみ運んでもらう
自力で運ぶのが大変そうな、大きな家具家電のみを運んでもらった場合の見積もりを取ります。他の荷物を自力で運ぶ予定でいる場合は、それらを運ぶために必要なコスト(レンタカー代や手伝ってくれた友人への謝礼など)も見積もりに加えて考えるようにしましょう。

 

・パターン2:「積み切り」にした場合
トラックに載せられるだけ荷物を載せて運ぶ方法を「積み切り」と呼びます。
家具や家電を積んだ後、残ったスペースにダンボールなど他の荷物を積んでもらった場合の見積もりです。積みきらなかった荷物は自分で運ぶことになります。
パターン1と積み切りの料金があまり変わらないようなら、こちらを選んだほうが楽です。

 

・パターン3:すべての荷物を運んでもらう
大型家具家電だけでなく、小物類やダンボールも運んでもらう、いわゆる普通の引っ越しの見積もりも取りましょう。

 

自力引っ越しには意外とコストがかかります。車を借りたり、手伝ってくれた人に食事などの簡単な謝礼をしたりする必要があります。時間もかかる上に非常に疲れます。ダンボールなどの梱包資材も自分で調達しなければなりません。業者に依頼すれば、梱包資材を無料で貰えるところも多いです。

 

パターン1、2と比べて、差額が2万円以内であれば普通にすべての荷物を運んで貰ったほうが無難です。

 

運びたい数によって業者を変える

家具家電のみの引っ越しの場合、料金体系は業者によって様々です。1点につきいくらで決まるところもあれば、複数まとめて送れば安くなる所もあります。
例えば、クロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」は点数で料金が変わります。送りたい家財の数が少ない場合は、点数で値段が変わる所の方がお得になりやすいです。
反対に、家具や家電の数が多い場合は、引っ越し専門業者に依頼したほうが安くなる傾向にあります。

ダンボールだけで引っ越しするときのポイントは?

実家を出る初めての引っ越しは、家具や家電がないためダンボールのみで済んでしまうことが多いです。初めての引っ越しでなくても、新居に合わせて家財を一新する予定だったり、家具付きの物件に引っ越ししたりする場合や、離婚や別居が理由の場合も同様です。
一般的な引っ越しプランは、荷物が少ない単身向けの引っ越しでも、ある程度の家具や家電を運ぶことを前提としている物が多いです。では、家具や家電が一切なく、ダンボールのみの場合はどうなるのでしょうか?

 

 

宅配便の利用も選択肢に

引っ越しというと引っ越し業者に依頼するもの、というイメージがありますが、荷物がダンボールのみであれば宅配便を利用するのも選択肢に入ります。

 

引っ越し業者を利用する場合でも、長距離でダンボールのみとなると、実際の輸送は宅配業者が担っているということも珍しくはありません。
引っ越し業者が引越荷物のダンボールを引き取り、宅配業者に渡して宅配業者が長距離を運びます。その後、引っ越し業者が荷物を受け取り、新居まで運んでいるという具合です。
もちろん、引っ越し業者は一般の利用者よりも安い料金で宅配業者に荷物を運んで貰っています。しかしそれでも引っ越し業者によってマージンを取られていることには代わりありません。無駄に引っ越し業者を間に挟むぐらいなら、最初から宅配便を利用したほうがスマートです。

 

ただ、専門の業者に頼むのと、宅配便を利用するのとどちらがお得になるかは、荷物の量や距離によって変わります。よく比較してから決めるようにしましょう。

 

宅配便と引っ越し業者の使い分けは?

荷物がダンボールのみであれば、基本的に宅配便でも十分引っ越しが可能です。しかし、冷蔵庫などの大きな家具家電がある場合は引っ越し業者への依頼が必要になります。

 

これは、宅配を行っているのが「ドライバー」であるのに対して、引っ越し業者は「作業員」が運転して荷物を運んでいるという違いにあります。
ドライバーの仕事はあくまで車で荷物を運ぶことです。多少重い荷物を運ぶことはありますが、一人で運べないような大きな荷物を運ぶのは難しいです。
引っ越し業者の場合は、家財を家から家へ運ぶのが仕事です。大きな荷物だからと言って断っては引っ越しになりません。重いものを運ぶのには慣れていますから、安心して家具や家電を運んでもらうことができます。

 

一人で運ぶのが難しい荷物を持って引っ越しする場合は、宅配便ではなく引っ越し業者を利用しましょう。洗濯機や冷蔵庫、椅子やテーブルなどがある場合は宅配便では無理です。

 

ただ、家具や家電でもしっかり梱包されており、一人でも持てるような大きさ・重さであれは宅配便でも運ぶことができます。家電が電子レンジや小型のテレビ程度であれば、購入時の箱に入れて宅配便で送ることが可能です。

 

宅配便を利用するメリット

最大のメリットは料金が安いことです。特に遠距離の引っ越しでは差が大きく、宅配業者の持つネットワークの広さと輸送手段の豊富さが最大限に生かされます。
反対に、引っ越し業者の場合は、距離が離れれば離れるほど料金は高くなります。規模の小さい業者の場合は、対応エリアが狭く遠距離の引っ越しが難しい場合もあります。

 

料金体系が分かりやすいのも利点です。宅配便の料金は各社の公式サイトで簡単に計算できるようになっています。

 

例えば、東京から関西までダンボールのみで引っ越しを行うとします。一般的に引っ越しでよく使われるダンボールはサイズ140です。1つ1512円ですから、10個送るとなると、料金は1512円×10個で15120円となります。
引っ越し業者に依頼した場合、遠距離の引っ越しで2万円を切るのはまず無理です。

 

また、料金が自分で計算できるため、見積もりの必要もありません。事前に引っ越し業者と値引き交渉をしたり、打ち合わせをしたりする必要もありません。集荷はいつでも依頼できますから、思い立ったその日に引っ越し荷物を贈ることができます。

 

宅配便を利用するデメリット

引っ越し業者のトラックを利用して運ぶ場合、遠距離でもない限りその日のうちに荷物が新居に送られます。しかし、宅配便を利用する場合はそうも行きません。早くても翌日以降になるのが普通です。

 

加えて、宅配便の場合は何度も積み替えを行います。トラックを貸し切って引っ越しを行うのとは違い、途中何度も積み下ろしをするため、その分だけ破損する可能性は高くなります。引っ越し業者に依頼する時以上に気をつけて梱包する必要があります。
食器などの割れ物が多い場合や、梱包に不安のある場合は、引っ越し業者を利用したほうが安全です。

 

また、前述のようにダンボールに入らないような大きな荷物・重い荷物がある場合は引っ越し業者に依頼するようにしましょう。宅配便で引っ越しができるのは、あくまでもダンボールのみで引っ越しができる場合だけです。

page top